スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pythonやめます。

ころころ、学ぶ言語をかえてしまい、なんてこらえ性がないんだと、自分でも、反省してます。
でも、どうしても「django」が導入できないんです!
「django」とは、簡単にいってしまうと、Pythonで書かれた、Webアプリケーションを作るのを大変らくにさせてくれるもの(いわゆる、フレームワーク)、です。
二日かかったんですが、無理でした。
やっぱり、Macだからでしょうか。いろいろなサイトをまわって調べてみたのですが、最後まで、原因はわからずじまいでした。
そもそも、Pythonをはじめた、理由の半分は「django」を使いたいということだったので、ここいらで、一息つけます。

そして、他になにか、フレームワークはないかと探していたら、ありました。
「CakePHP」です。書かれている言語は、PHPです。
しかも、(試行錯誤しましたが)ちゃんと動いてくれてます!
そして、とりあえず、本家のCakePHPリファレンスの付録Aである、ブログチュートリアルはみようみまねで、うごきました。

徒然なるままに、このカワイイCakePHPについても、書いていきたいです。
スポンサーサイト

theme : プログラミング
genre : コンピュータ

tag : プログラミング Python CakePHP

Python8行


# coding: utf-8
# 「辞書」というデータ型を使いたい
# 「:」の左にあるのが「キー」, 右にあるのが「値」
# キーと値はつながっていて、リストやほかの言語でいうところの配列において、添字と要素みたいな関係。ただ、キーにはイミュータブルでなくてはならない。値はなんでもいいけどね。

# 下の辞書は、キーは文字列('taro'), 値は辞書({'color': 'blue', 'food': 'orange'})
a = {'taro': {'color': 'blue', 'food': 'orange'},'jiro' : {'color': 'black', 'food': 'apple'}}
a['saburo'] = {'color': 'red', 'food': 'rice'}
# a.times()使う
for k, v in a.items():
print 'キーは%s, 値は%s' % (k, v)
# a.keys()使う
for k in a.keys():
print 'キーは%s' % k
# a.value()を使う
for v in a.values():
print '値は%s' % v

コメントを除いたら、8行です。
普段、コメントはかかないんですが、今回は異常にかいてみた。
普通の人は、どのくらいかくんだろう。本やブログだと、若干多めにかいている感じがする。

theme : プログラミング
genre : コンピュータ

tag : プログラミング Python

Python7行

前回、6行といいながら、空行も行に数えるコスイことをしてしまいました。
もうしわけない。
んで、今日の7行

import sys

f = open(sys.argv[1])
x = f.read()
f.close()

y = x.split('\n')
for i in range(len(y)):
print y[i]

一言でいうと、コマンドプロンプトでファイルを指定して、それをいったん読み取り
改行で区切り、それをリストの形で、yに代入して、それぞれ一行ずつ表示する。そんなぷろぐらむ。
まっ、ただたんに指定したファイルを表示するものです。
まあ、実用的ではないけど、これから実用でつかう(ファイル操作)基礎になるコードということで。

theme : プログラミング
genre : コンピュータ

tag : プログラミング Python

Python6行


import sys

x = sys.argv[1]
y = x.split(',')
for i in range(len(y)):
print '%d: %s' % (i+1,y[i])

コマンドラインから文字列を読み込んで、
「,」でくぎって、それをリストでyにおさめ、それを一行ずつ表示。
ついでに、行番号も。

出力結果は、文字列を'abc,def,g,h,ij'としたもので。

1: abc
2: def
3: g
4: h
5: ij

と。

theme : プログラミング
genre : コンピュータ

tag : プログラミング Python

Python5行

Python5行書きます。
1~30までで、3の倍数だけaHoになるプログラムを。Pythonで書いたらどうなるか。。。


for i in range(1,31):
if i%3:
print i,
else:
print '%d<--(aHo)' % i

出力結果は、

1 2 3<--(aHo)
4 5 6<--(aHo)
7 8 9<--(aHo)
10 11 12<--(aHo)
13 14 15<--(aHo)
16 17 18<--(aHo)
19 20 21<--(aHo)
22 23 24<--(aHo)
25 26 27<--(aHo)
28 29 30<--(aHo)


。。。なんだか、(aHo)が顔にみえてくる。

theme : プログラミング
genre : コンピュータ

tag : プログラミング Python

カウンター

プロフィール

もぬぬ。

Author:もぬぬ。
日々のこと徒然と書いていきたいです。
今のところ、ニコ動ちゅうしんかな。。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。